FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほらまた、ハメられた。(※そしてダニーに事件発生) 


こんにちは。

ただいま相方のダニーは南米ひとり旅中なのですが、

きのうなんと荷物をすべて盗られてしまったようです。

一声目に「わたしか!」と笑ってしまいました。

読者さんにいただいたカメラもなくなってしまい申し訳ないのですが、

それでもダニーが安全なのようなのでよかったです。

風邪をひき荷物を盗られ、クレジットカードの不正請求があがっている男、

それがダニーなのです。

きっと辛いのはダニーだからね、わーわー言わず、お母さんのような気持ちで見守りたいとおもいます。

命があれば、大丈夫。がんばれよ、ダニー!

************************************


ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

************************************

前回記事:日頃の行いが良いせいで、なんかすみません。

ホテルに到着し、宿のスタッフから信じられない情報を手にしたわたしたち。

それはこのアーグラについた次の日は、年に一度の国王の遺骨を拝められる日だということ。

しかも無料開放という特典付きです。

46度あるアーグラにずっといるのはキツイし明日の朝にはチェックアウトしようとしていたので、

ギリギリ間に合うファインプレーでした。

ほんとうに日頃の行いのよさはこういう場所にでるんだな、

とA/C(エアクーラーという名の扇風機)付きの部屋で汗をかいているときに思ってましたね。


そして翌日もう出発しようかと宿のスタッフに

「じゃあいってきます!」と伝えると、

宿のスタッフがわたしたちにこう言ったのです。




「ごめん、今日じゃなくて明日みたい。」




もうラーメンの口になっているのにお店がなくて、

泣く泣くお蕎麦を食べるときとちょうど同じ気持ちになりました。

まあ人間ですからね。失敗はあります。

ということでわたしたちは明日ここを離れる予定を延泊にして、

今日は観光デイ(ベイビータージ、)、明日はタージマハールデイ

明後日に出発というスケジュールを組むことにしました。


ということでまず明後日のアーグラ発バラナシ着のチケットをかいにチケットカウンターまで。

まあまあぼったくられたところでさあ観光をしましょう!と

この日はタージマーハルのちいさいバージョンのベイビータージというところにいくことにしたのです。

タージマハールもベイビータージも実はもう一回行っているのだけど、

ダニーははじめてだし個人的にベイビータージが大好きなのでわくわくして出発。


実はこのベイビータージはお金がなくなって途中で建設をやめちゃったんだって。

老朽化もすすんでいるのだけどタージマハールほどの修復作業もされていないので、

いたるところに歴史をかんじる作りになっているこのベイビータージ。

IMG_4999.jpg

実はタージマハールのような完璧なものよりもちょっとなにかあるほうが魅力的にみえるのは、

きっと人間もおなじようなきがするよ。

IMG_5002.jpg

そしてなんとこのベイビータージはすべてタイルで造られているのですが、

ひとつひとつずつのデザインがとっても可愛いんです。

自分で家をいつか家を建てるときはお風呂のデザインをこういうかんじにしたいです。

IMG_5008.jpg

ダニーもなんだかうれしそう。

ということでそのあとはフォートコーチンという場所へ。

13092024_10103438175555630_7924922989893390339_n.jpg

13164449_10103438175221300_4453971260442955931_n.jpg

dadgad.jpg

14429369_607112259461410_1020570811_n.jpg

もうやることがなさすぎてアメリカ女子の写真ポーズを真似したり、

インド人の写真のポーズを練習したり、そんなことしかしてなかったです。

もうほんとうに申し訳ないのですが、

とにかく遺跡がどうでもよくなるほど暑かったのです。

帰りはドライバーのおっちゃんにシルク工場なんかに連れて行かれてきょうはおしまい。


そして帰って明日タージマハールをみたらチェックアウトをするよとホテルのスタッフに伝えると一言。




「明日じゃなくて明後日、いや、明々後日だった。



また延泊しないと見られないよ。」






たぶんなんですけど、この人はただ単純に「じぶんの宿に泊まってほしい人」でした。

とはいってももう明後日のチケットは結構ぼったくられてとってしまったし、

チケットを変えるなんてこともできません。


ということでわたしたちは延泊をしておきながら結局は遺骨はみられないふつうの観光をすることになったのです。

下げて上げるならまだしも、上げてから一気に下げるってよくできますよ。

「もう、本気じゃないならそんなこといわないでよ!」と感傷にひたる女子とちょうどおなじセリフを投げたくなりました。

一気に萎えてしまったわたしは、タージマハルへの関心がゼロに。


まあ元々そんなに興味があるわけでもないし、

ふつうの大金(4000円)をはたいて二回もタージマハールはそんな見たくないなあと思ってしまったのです。

ということでダニーに

「ごめんだけどタージマハール一回みたしもういいや。ひとりでいってきなよ!」

と伝えると、なんとダニーも不機嫌に。


ということで次の日は機嫌がなおることなく、ふたりでタージマハール観光へ。

機嫌も最悪だけど暑いなか人混みもすごかったので結局いらいらは収まらず、

最悪のタージマハール観光になってしまったのです。


全貌はまた次回〜!


きょうも読んでくれてありがとう。


ブログランキングに参加しています!
下のバナーを押してもらうとランキングが上がる仕組みになってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ワンクリック押してもらうと私がぴょんと跳ね上がる仕組みになっています。
1クリック for1ピョン。
~あなたの好意で世界(順位)は変わる。~

facebook & Twitterもやってます↓↓

目黒沙弥の世界一周ものがたり。facebookページ

なんでもぶっちゃけTwitter


最後まで見てくれて、大事な時間をありがとう。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。