スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起きたら血だらけになっていた、恐怖の事件の話をします。 


こんにちは。

さっそく旅先で風邪ひいてました。

身体が弱いことはまあ置いといても買った薬が改良版で、なんと銀緑色でした。

袋開けた瞬間ヤバイ薬買ったんじゃないかと思ってすこしひやひやしましたけどね、

想像の斜め上をいく改良でした。

************************************


ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

************************************

前回記事:ちょっと恋愛ハートフルな話をしても良いですか。

トレッキング七日間のうちの二日間を終えて、はやくも三日目の朝。

この日はびっくりして飛び起きることになりました。

なんでかというと、朝起きると足じゅうが血だらけになっていたからです。

ashikitanai.jpg
(汚くてごめんなさい)

ちなみに太ももあたりまで血だらけで、「ふぁっ!?!?」とおもってベッドのなかをみてみると、

IMG_5233.jpg

正体はヒルでした。

わたしの血を吸いまくっているのでヒル界の渡辺直美に君臨しています。



ヒルは血を吸うだけでとくに悪さもしないので、そうおもうとちょっと可愛い存在にみえてきました。

しかもヒルってわかってちょっと安心したぐらいです。

わたしが頭おかしくなって夜中に足噛みまくってたのかとおもいましたから。


ということで朝8時に早速出発。

この日は昨日と比較すると坂道もあるけど平坦な道もおおく、すこし楽な一日。

それでも雨は降ってるし6時間くらいは登らないといけないので、

ダニーは痛み止め薬のロキソニンを飲んで出発することにしました。

ひとつめのポイントまではダニーの足の調子もよくてルンルンだったふたりだったのだけど、

やっぱり薬の効き目が落ち始めたときくらいからですかね。ひざも痛くなり、

IMG_5302.jpg

人を三人ほど殺めていそうな顔しはじめました。

ということではじめ休み休み登ることに。

かといって急ぐ必要もないので、ゆっくり登っていくことにしました。

P1060026.jpg

ダニーはどんなに辛くても景色の美しさに足を止めて喜んでみたり、

コーヒーを飲んで楽しむ余裕の持てる人。

こういうところは5年前に出会ったときから変わってない。


ちいさな頃から「余裕」とか、「ゆるさ」とか、そういうものに美学を感じてならないわたしは、

ダニーのこういう一面はとっても素敵だなといつだっておもう。

物事を一歩後ろからソファに座って見ているような、

そういう感覚はみんなが持っているわけじゃないからね。

だからわたしはダニーのこういうところがだいすきです。


そんなことをおもいながら歩みを進めているとなんと山のなかで、橋を作っている集団にあいました。

P1060016.jpg

結構な狭さでびびるダニー。

P1060018.jpg

「あの・・・ほかの道はないの?渡らなくても良い道とか。。。」

P1060019.jpg

おい余裕どこいった。



ダニーは橋には敏感で微塵の余裕をも見せつけないことがわかりました。

爆笑されてますからね。下のおにいちゃんなんて最高の笑顔ですよ。

みんなを楽しませてくれてありがとう、ダニー。


でもすごくないですか。これよく見てもらったらわかるんですけどね、

この橋は木の繊維で出来た紐と丸太でしかできてないんです。

こうやって、強くて頑丈な橋を自分たちだけで作るんですね。

そういう光景をみてるとね、辛すぎて憎みまくった階段も、

崖のようなとこにある柵もぜんぶ作ってくれていることに気付いて、

なんだかほんとうに心から「ありがとう」っておもったんです。


だってそれがないと、わたしたちはこんなに綺麗な景色なんて見ることができなかったんだから。

adjhdkje339sa.jpg

P1060059.jpg

P1060007.jpg

そんなことに気付くと、人の痛みやありがたみっていうのは、

ぜんぶ自分が経験する事実を通して知るものなのかもしれないなあなんて思ったりしました。

自分の経験と擦り合わすことできっと初めて感情ってものが生まれて、

やっと心に寄り添うことができるんだ。


自然っていうのはすごいもんで、こういう気持ちがどこからともなくふっと湧いてきて、

「生かされている」っていうことを教えてくれるのです。


携帯もパソコンもなにもないただただ自然と対峙する時間は、とっても気持ちのよいものでした。

P1060030.jpg

そうしてきょうの宿に到着。

ダニーも足がいたいのによくがんばりました。

P1060035.jpg

靴からはハムスターのにおいがしたので外に置いておいたよ。


ということでこの日は宿にあった唐辛子を大量にカップヌードルのなかにいれて食し、

なんとか寒さを凌いで就寝。


ダニーの足は限界に近付いていながら、

あしたはいよいよベースキャンプまで目指します。

無事登頂できるんでしょうか・・・。


続きはあした!


きょうも読んでくれてありがとう。


ブログランキングに参加しています!
下のバナーを押してもらうとランキングが上がる仕組みになってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ワンクリック押してもらうと私がぴょんと跳ね上がる仕組みになっています。
1クリック for1ピョン。
~あなたの好意で世界(順位)は変わる。~

facebook & Twitterもやってます↓↓

目黒沙弥の世界一周ものがたり。facebookページ

なんでもぶっちゃけTwitter


最後まで見てくれて、大事な時間をありがとう。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。