スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事、登頂しました。(そして高山病になりました) 


こんにちは。

毎朝窓から入る日差しで起きるわけでも用事のために起きるわけでもなく、

お腹がすいて起きる目黒です。

たまに自分の食欲にびっくりして起きるときもあります。

きょうは朝ごはんに餃子を食べるつもりで外出したのですが、キムチ入りオムレツをたべました。

胃もたれをしました。

************************************


ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

************************************

前回記事:起きたら血だらけになっていた、恐怖の事件の話をします。

三日目を終え、迎えた四日目の朝。

だんだんと標高も上がってきているので日中でも寒いのだけど、

朝晩の冷え込みはかなりのものです。

頬をかすめる冷たい風と、身体中の筋肉を凍らせるような外気から逃れようと

「朝ごはんお願いします〜」とお願いしにキッチンまで行くと、

P1060046.jpg

そこには暖炉のまえで一緒にくっついて暖をとろうと談笑しているオーナー夫妻がいました。

「ああ、いっつもこうやって寒さを凌いでるんだなあ」

とおもうと、この寒さもちょっとは良いもんだなとも思いつつ

IMG_5312.jpg

スープで暖かくなれて、しかも満腹にもなれるという世紀の大発明のインスタントラーメンを完食。

そう、わたし普通のラーメンよりもインスタントラーメンが大好きなんですよ。

育ちの良さがでてしまいすみません。

P1060045.jpg

それにしても朝からこんな光景をみられるなんて、なんて最高なんだろうなあ。

同じ映画をみるにしても心境やそのタイミングによって見方や評価、感じ方が変わるように、

ここヒマラヤの表情豊かな景色は何度きても毎回違った楽しみ方がある。


わたしにとって今回のヒマラヤの景色は、なんだかとっても穏やかに見えたんだよ。


そんな美しい景色を背に、きょうはこのトレッキング最中目的地のベースキャンプまで出発です。

P1060054.jpg

ダニーの足はもう結構たいへんな状況だったので、きょうもゆっくりゆっくりと行くことにしました。

IMG_5371.jpg

一歩一歩前に足を出して、ベースキャンプまでの道を縮めていきます。


でもここらへんになってくると、標高の影響で身体中がむくんでくるんですよ。

わたしはもともとかっぱえびせんみたいな指しているんですけど、

お湯に一回戻したかっぱえびせん並みに指がふくれあがってましたね。

IMG_5368.jpg

顔もアンパンマンみたいな顔しているでしょう。

なんなら「今だけアン20パーセント増量キャンペーン中!」ってかんじです。

ヤマザキ春のパン祭りです。


ということで、ここからはダニーと二人三脚。

IMG_5379.jpg

IMG_5364.jpg

この雪山で低く見積もって18回は転びましたね。進まないんですよ。

スティックを持っているダニーはすいすいなのですが、

持っていないわたしは漫画みたいに転びまくって前に進まず、

最終的にやさしいダニーが高みの見物をしたうえにスティックを貸してくれました。

「ふざけてたの?」って聞かれたけどね。


ここからは高山病に気を遣ってこまめに休憩を入れつつ、

ゆっくりベースキャンプまで目指しました。


もうベースキャンプを目前にすると「早く着きたい」という一心のみで、

ただただ歩くことに必死になってました。

そんなにお腹が空いてなかったのに、レストランについてオーダーした瞬間から異常な食欲に支配される感覚と一緒です。


そんなパブロフの犬のわたしはそうして無心に登り続け(ダニーは楽しんでいた)、

13221564_1102954833084483_6755552335029832764_n.jpg

ようやくベースキャンプに到着!!

ダニーも足が痛かったのに我慢して、よく頑張りました。


今回は「ああ、辛かった。」と自分のがんばりを労う気持ちが湧いてくるわけでも、

感極まるわけでもなく、ただただ



「あー楽しかったなあ。」「お腹すいたなあ。」


「びっくりドンキー食べたいなあ」



というかんじでした。

でもどうしてこんな感覚なのかという理由は、もう自分で知っているような気がしていました。


ゴールはただのゴールであって、気持ちの「てっぺん」ではないからです。


だって、ここまでの道のりがずっと楽しかったからね!!

大変な状況でもダニーと喧嘩をするわけでもなくずっと穏やかな気持ちでトレッキングができて、

絶えず目の前に広がる美しい光景に想いを馳せたり、山で暮らすひとたちの生活が見えたり、

とくかく毎日がほんとうに最高だったんです。

IMG_5363.jpg

五感を使って純粋に物をみるというのは、すごく久しぶりな感覚でもありました。

やっぱり自然っていうのはすごい力を持ってます。

絶対はないっていうけど、これは「絶対」です。


それとダニーにも感謝ですね。彼がいたからこそできた経験というのは、紛れもない事実なのです。

IMG_5405.jpg

そんな気持ちで「いえーい」とダニーとハイタッチをして、16時頃に宿にチェックイン。

ただただ疲れていたので睡眠を取ろうとおもったのですが食欲が余裕で勝っていたので、

レストランにいくと「夕食は18時から」といわれふて寝をしました。

それと残念ながらびっくりドンキーはベースキャンプにはありませんでした。


すこしだけ寝て外にでてみると、それまで雲がかかっていたのにも関わらず晴れ間が見え、

とんでもない光景をみることができたのです。

そしてまさかの高山病にもなってしまったのですが、そんなことがどうでもよくなるくらい美しすぎる光景だったのです。


続きはあしたのブログで絶景を特別に公開したいとおもいます〜。

きょうも読んでくれてありがとう。


ブログランキングに参加しています!
下のバナーを押してもらうとランキングが上がる仕組みになってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ワンクリック押してもらうと私がぴょんと跳ね上がる仕組みになっています。
1クリック for1ピョン。
~あなたの好意で世界(順位)は変わる。~

facebook & Twitterもやってます↓↓

目黒沙弥の世界一周ものがたり。facebookページ

なんでもぶっちゃけTwitter


最後まで見てくれて、大事な時間をありがとう。
スポンサーサイト

Comment

Name - mitsuki  

Title - 

さやさんこんにちは。ヒマラヤ登頂お疲れ様でした;)
さやさんのブログを書く際に選ぶ言葉の一語一語が素敵で
全部ノートに書き留めておきたいほどです♡
笑いありホッコリありの一番大好きなブログです。
世界一周再出発応援しています。
2016.11.29 Tue 10:34
Edit | Reply |  

Name - Saya Meguro  

Title - Re: タイトルなし

> mitsukiさん

なんて・・・なんて嬉しい言葉を言ってくださるんでしょう。
お昼寝したあとに寝起きでこのコメントを見たのですが、
その瞬間あまりの嬉しさで空さえ飛べそうな気がしました。
なんならすこし浮いていたくらいです。
冗談抜きでもう5回以上コメント見返させてもらいましたが、
しばらくはmitsukiさんに頂いたコメントのおかげでブログ更新頑張れそうです。

ほんとうにありがとうございました♪
mitsukiさんにとっても素敵な一日でありますように^^
2016.11.29 Tue 19:01
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。