FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母がガンになりまして。 


お久しぶりです。

しばらくブログを更新せずすみません。

タイトルから想像していただくだけでもいろいろありまして、怒涛の数ヶ月を送っておりました。


そう、単刀直入にいうとタイトル通り、



「母がガンになりまして。」



「ブログを更新しないと」とは思っても、忙しさと気持ちが安定しない日も多く、
ブログなんて、まったく書ける状況ではありませんでした。

でも、わたしのこのブログではいつも正直にいたいし、母が隠していない以上、わたしも隠すことでもない気がする。

それに、ブログの持つ力も知っている。だから、やっぱり書かせてもらいたいです。


母がガンだということをはじめて知ったのは、7月21日


実はブログでも書いていた通り、今年の春に世界放浪をおえて帰国をし、
地元の札幌から車で2時間半ほどの、北海道のある場所で新生活をはじめていたわたしと、ダニー。

仕事はとっても忙しく、あんまり札幌にも頻繁には帰られていない状況。

そんなとき、次の日のイベントの準備をしていたときに、母から着信がありました。



私「ごめんごめん、どうした?」

母「忙しいのにごめんね。病院に行ったらさ、なんだか悪いものが見つかったみたいなんだ。
先生が、来週に家族と来て欲しいっていうから、来てくれないかな。忙しいのに、ごめんね。」




なんだか胸がざわざわして、一瞬で空気がとても薄くなった気がした。



呼吸を整えて話をよく聞いてみると、母は子宮系のガンが判明し、ステージもあんまりよくない。
なんだか、死に際を覚悟したかのような話し方でした。

これは早く帰らなければと車を飛ばしすぐに札幌に帰るとそこにはいつもの母がいて、
とっても安心したのを覚えています。


この日から一ヶ月以内には4時間にも渡る大手術を行い、一時は

「今夜が山場です。」

と先生に言われる日も過ごしましたが、さすがは母。ちゃんと生きてていてくれています。



それからは会社の理解をもらって、週3回で往復5時間の職場へ通う日々が始まりました。

たまに、「お母さんの看病、大変でしょう。無理しないでね。」といわれることがあります。

でもね、わたしほんとうにそんなこと、思ったこともないんです。


お母さんがわたしの作ったご飯を食べてくれるなら、喜んで美味しいものを作りたいし、

どこか行きたいのなら、どこへだって連れていってあげたい。

夜マッサージをして眠られるならば、毎晩喜んでしてあげるよ。


だって、わたしの母はいつもどんなときだって一番の「味方」でいてくれて、「応援者」でいてくれて、
いつだってなんでも包み込んでくれる、「お母さん」でいてくれたから。


今度は、わたしの番。


お母さんの抱える大きくて重いものを、大きな愛で包んであげられるような存在でいたい。

13512230_565966716909298_5265707061579977080_n.jpg

それにね、わたしの尊敬するある人に母のことを伝えたとき、こう言ってくれたんです。


「あなた、旅してきて何みてきたの?」って。


そうだった。最新の医療を受けさせてあげられること、美味しいごはんを食べさせてあげられること、
清潔なベッドで寝かせてあげられること。これは当たり前じゃないんだったって。

旅に出たから、目にしたから、これをほんとうに「有難く」おもうんだ。


わたしがあたふたしていたとき、母の一番の関心事は、孤児院や育児園、保育園にいるこどもたちの元に訪れてボランティア活動をしていた、「ももたろう人形劇」が止まってしまうこと。


どこまでも、人のことを考えている人なんだなとびっくりした記憶がありますが、

「日本の文化でこどもを笑顔に」と、

17553670_710342032471765_9161039604667908627_n.jpg

ゼロから人形を手作りし公演していた人形劇もいまやオファーをたくさんもらうまでになり、

1915131_524286717743965_258477278337499448_n.jpg

ついに母は自費で100万円かけて本も作成。

「どうするの?」と聞くと

21462710_1278559085606562_4420316180955746673_n.jpg

「こどもに一人一人手渡しして、あげたいの。」と。

お金も蓄えもたくさんあるわけではないのになあ。と思いつつも、「お母さんらしいな」とおもいました。


いまはそれも出来ないから、たくさんの母の仲間が手伝ってくれています。

20479516_773798766126091_1967682184364943836_n.jpg

ほんとうに感謝しています。


一番のたのしみであるボランティアの人形劇がなくなった今、


「お母さんが一日すこしでも笑う時間が増えたらいい。」



そう考えたき、母このブログの一番のファンであることを思い出しました。



前向きで強い母だけど、抗がん剤がはじまって、やっぱり気持ちが浮き沈みすることもあります。

そんなときにブログを見て、すこしでも笑ってくれたらうれしい。

それに、たまにわたしも「うんこ」とか書いたりしたいです。

本音をいうと、すべての語尾にうんこと付けたいくらいです。やっぱり、ふざけたいです。

そんな気持ちで、このブログをいま書いています。


ということで、「もういいかな」と思っていたブログでしたが、振り返ればはじめてから四年以上も経っていて、
いままでたくさんの読者さんの優しさにも触れたりと、たくさんの恩恵を受けてきました。

ブログにも恩を仇で返すことはしたくないので、今日から頑張ってブログを更新して、そして終わらせます。



そこで、わたしの「世界一周最後の日」とします。



そして、終わりまでに少しまた報告があるかもしれません。

それは終わりまでにとっておきます。



ということでまだしばらく続きますが、よろしくお願いします〜。



それじゃ、また明日ね。


きょうも読んでくれて、たいせつな時間をありがとう。

スポンサーサイト

Comment

Name - 赤石裕美子  

Title - ストレートに伝わってきました。

さやちゃん、さやちゃんがそのまま私の娘に思えて、私はあなたを追っかけてるんです。
私はさとみさんの生き方に憧れを持ちながらも、さとみさんのする事を無力ながら見続けてきているのです。
私がさとみさんではないように、私の娘があなたのようにいてはくれない…。

私と私の子供たちが今健康でいられる事が、私の身内の大切な人たちが生き続けていられる事の幸せ、嬉しさを感じられる私でいる事がさとみさんに少しでも近づけるような気がしているんです。

どうもうまく思っている事をお伝えできないんですが
さやちゃん、私が今一番したい事はあなたに寄り添いたいって事なんです。

私には娘と息子いますが、今私はさとみさんより私の91才の母の気持ちを想像してしまったりもしてしまいます。


ますます取り止めがなくなってしまいました。

まだお会いした事がないあなたですが、勝手に娘のように思って案じている私がここにいる事をお知らせしたくて。
2017.09.18 Mon 22:45
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 

あまり言いたくないけど、まだなにもわかってないよね。そんなに自分が好きかい?
2017.09.19 Tue 07:14
Edit | Reply |  

Name - Saya Meguro  

Title - Re: ストレートに伝わってきました。

> 赤石さん
ありがとうございます。
そうして母のことを考えてくださっていたことを知ることができて、本当に嬉しいです。

でも、人のことをそこまで思いやりを持って考えられる赤石さんの心が、わたしは素敵だと思います。

コメント頂いたこと、母にも伝えておきますね。
きっと、ものすごく力になると思います。
まだお会いしたことはないですが、いつか必ずお会いできること楽しみにしています。

今日も赤石さんにとって素敵な一日でありますように。
2017.09.19 Tue 16:35
Edit | Reply |  

Name - Saya Meguro  

Title - Re: タイトルなし

> 名無しさん
読んで頂き、そしてわざわざコメントまで、ありがとうございます。
ただ、言っていることが正直よく分かりません。
母のことを、こうして私が発信していることが理解に苦しむということでしょうか。
そういうことであれば、私も見守ることが一番たいせつなことだというのは重々自覚しています。
でも、母がして欲しくないことは、していないはずです。ここまで気持ちを整理するのにも、
すごく大変でした。その上で、こうしてブログを更新しています。
母を思って、伏せていることもあります。

「なにもわかってない」というくらいですから、すべてわかっている素晴らしいお方なのでしょう。
そんな方がなんとなく発した言葉が、誰かの心を不用意に傷付けてしまうこともあることを分かってましたか?
わたしは間違ったことをしたつもりは一切ないのでそこまで気には留めてないですが、今後気をつけた方がいいかもしれませんね。
2017.09.19 Tue 16:45
Edit | Reply |  

Name - Sana  

Title - 応援してるよ

さやちゃん、さやちゃんのお母さん、応援しています!!!
2017.09.22 Fri 17:48
Edit | Reply |  

Name - かおる  

Title - いつもニコニコのお母様なので、そのような状況とは知りませんでした。

お二人とも なんて強い!なんて優しい!そして、なんて深い愛!
私はなんてなんてなんて!!!素敵な親子にお会いしたのでしょう!
来年1月末には館山で障害者施設立ち上げスタッフに加わります。離れていても応援しています。
それぞれの人生を悔いなく全う出来るよう祈っています。私も頑張ります!
2017.09.22 Fri 22:20
Edit | Reply |  

Name - Saya Meguro  

Title - Re: 応援してるよ

> Sanaさん
ありがとうございます!
Sanaさんは、わたしの知っているSanaさんでしょうか・・・?
いずれにしてもとっても嬉しいです!
2017.09.24 Sun 19:17
Edit | Reply |  

Name - Saya Meguro  

Title - Re: いつもニコニコのお母様なので、そのような状況とは知りませんでした。

> かおるさん
お人柄あらわれる、優しいお言葉ありがとうございます。

でも、母は素晴らしいことはおいておいても、わたしはそうではまったくないんですよ〜。
落ち込むこともあるし、誰かのせいにしたくなることもあるし、前向きになることもあります。
でも、それでいいんだって思えるようになったら楽になりました。
人間ですからね!でも、「こまったときはお互い様」で、
毎日すこしでも笑顔になれる瞬間を増やせていけたらいいなあ、と思ってます。

かおるさんのような人のためになるお仕事、ほんとうに素敵だとおもいます。
お身体に気をつけて、がんばってくださいね!
応援しています。
2017.09.24 Sun 19:25
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。