FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋したあの子を探して旅したら、奇跡が起きた。 


こんにちは!!

「まいにち更新しよう」と思っていてもなかなかできず、

できない自分に落ち込んだりするので、

今朝シャワーを浴びているときにひとりで

「きめごとはしない」というきめごとをしました。

ドラえもんもいっているからね。

「立派すぎる決心はきっと三日坊主になるから」って!!

でも読んでくれている人がいるならば、やっぱり更新、

なるべくがんばります。

************************************


ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

************************************

前回記事:《ツリじゃないです。》マフィアにやられた話。

マフィアに遭遇したあとに二日ハノイに滞在したわたしはある場所へ向かうことへします。

行き先はサパという北ベトナム!!


だけどあんなに普段サパサパしてるサパは雨降ってるし、

おまけに霧でなんにも見えないし寒いしでシーズン的には完全に外れの時期なのですが、

そんなのはわたしにとって関係のないことで、今回ここには人探しに来たのです!!


二年前に一人旅しているときにここへ来たのですが、

そのときに孤児院兼ゲストハウスみたいなところに泊まっていたんですね!!

別にボランティアしに行った訳でもなんでもなくて、

安かったから(一泊300円)泊まってただけなんだけど!!あはは!!

ただそこの子供たちがとんでもなく可愛くて、毎日朝から晩まで一緒にいたので、

ただただ元気にしているか気になって、会いたかったのです。


(参考記事:【最終話】喧嘩も人も・・・すべてがNo.1の国だった。ベトナムの秘境にやってきた!!!


ということでゲストハウスに行ってみると、なんと閉鎖されていました。

(ショックすぎて写真すらない。)




「みんなどこへ行っちゃったの!!」と急に心配になってしまって、

写真を手に文字通り朝から晩までダニーとふたりで探し回る日々。




ダニーなんて関係ないのに。ありがたいです。ずっとブーブーいってたけど。

12674464_1037932259586741_409138115_n.jpg


だけどなかなかみつからなくて、写真をみせたらみんな違うこというんだよ。

「ああ、みんな死んだ。」っていう人もいたんだから。

余裕で道端にある牛のうんこ投げてやろうかと思いましたね。


人探しも難航しているし、雨のせいでなんにもみられないし、

「ああ、無理なのかもなあ」なんておもっていたそのときでした。



ある女の子がわたしの目の前を過ぎ去っていきました。



「あれっ・・・」


と早歩きで女の子についていき、その顔を間近でみたときに確信したのです。


12650434_10103239382338830_1532542794_n.jpg


「・・・サンッ!!!!!!」


残念ながらわたしの名前はアシタカではないのですが(もののけ姫より)、

間違いなく叫んだ相手はあのときのサンでした。

サンは最初キョトンとしていたのですが、耳たぶを触る仕草を見せるとサンはわたしを思い出し、



「ジャパニーーー!!!!」



と抱きついてきました。(わたしは日本人なのでジャパニーと呼ばれていた)

実はお別れのときに女の子たちにイヤリングをプレゼントしていたのですが、

それを引き金に思い出してくれたみたいなのです。

それからサンのお母さんのスースーに会うとスースーも覚えててくれてたんだ!!

12647768_10103239382189130_1033848436_n.jpg

だけどそこにはわたしの大親友のザの姿はなく、

なんでも彼女はいま別の村に住んでいて、今日の朝までスースーのお家にいて仕事探しをしていたんだけど、

仕事が見つからなくてわたしが来る一時間前に村に帰っちゃったんだって。


わたしが残念がっていたらそれを見かねたサンがザに電話してくれて、

なんとザが「わたしも会いたい!」といって戻ってきてくれました。



もう、ほんとうにほんとうに嬉しかった!!

ザはちっちゃかったのに、ずいぶんおっきくなったねえ。

真冬で雪だって降る場所で、靴を買うお金がなくてサンダルでやってきたザ。

足を触ると凍えそうなほど冷たくって、

震えた体を抱きしめるとその力で折れてしまいそうな細さに驚いた。

持ってきたお菓子を食べさせようとすると、

ザは自分よりもまず先にみんなに配り始めて、「ああ、変わってないなあ」って思いました。

わたしのだいすきなザは、そんな子なのです。

12695868_1037932236253410_255116070_n.jpg

みんなで暖炉を囲ってたのしくおしゃべりしてサンはお仕事へ出かけたので、

わたしとダニーはザを連れ出しショッピング!!

スースーが「夜ご飯は6時だよー」と言ったので、それまでに帰ってくる約束で。

12625842_10103239382109290_912031651_n.jpg

靴を選びにいったんだYO!!

ほんとうはもっと良いのを買いたかったんだけど、

12647809_1033852866661347_1572357093_n.jpg

ザはこれでいいんだって!!一足500円の靴と50円の靴下!!

それからジャケットを持ってないスースーのショッピングにも付き合ってくれて、

ザが「英語は喋っちゃだめだからね!!だまっていてね!!」といって、

交渉までしてくれました。

12659782_1037932306253403_1959561096_n.jpg

ザと一緒に選んだスースーのジャケット!!裏起毛がポイントらしい!!

スースーとっても綺麗だね。

ということで帰ってきてからスースーの晩御飯のお手伝いをして、

12421462_1037932279586739_668088809_n.jpg

サンがお仕事から帰ってきた頃にご馳走が出来上がった!!

12674257_1037933639586603_1091862755_n (1)

「もっと食べなさい」とお茶碗が空になるたびにおかずやご飯をよそってくれて、

みんなで「おいしいね、おいしいね」と言いながら食べる夕飯はすごく幸せな時間でした。

12696152_1037946986251935_986756052_n.jpg

サンもザもスースーも、一生懸命売るために作ってた指輪やブレストレットや編んだミサンガをくれて、

お金を払おうとすると「いらないから!!」ってプレゼントしてくれたんだよ。

彼女たちはわたしのベトナムの家族。

asdlkjfa9tgahhds.jpg

二年前のここを離れる出発前夜、彼女たちがわたしを散歩へ連れ出してくれて、

「また戻ってきてね」といってちいさなベットで体を寄せ合って一緒に寝たときのように、

時間はゆっくりとゆっくりと、会えていなかった時間を埋めてくれた気がしました。


そんなサンとザ。

ダニーといちにち一緒にいてふたりは何を相談したのかこそこそ話をして突然、

「サヤ!!この人ならいいよ!!」だって!!

ませたふたりに少し吹き出しそうになったけど、

ふたりがそういうなら、きっとまあ、いいんだなあと、納得した24さい。

12722081_1037933629586604_1376824013_n.jpg

彼女たちはね、わたしのベトナムの家族のような気がするんだ!!

火を見るだけで体がすこし温まったように感じる感覚とおんなじで、

だれかの優しさや強さに触れると、

それが不思議なことに自分にもちょっとだけ伝染して、優しくなれたりするんですね。

わたしはちいさな人間なので、こういう人の温かさからしか光を見出すことができないのです。

galkdjf940jghhdas.jpg


「また戻ってくるからね。待っていてね。」


そういってまたお別れ。

たくさんの幸せな時間をありがとう!!

ダニーもきてくれてありがとう。

そして次に向かう場所はハノイに戻って向かった先はフエという元々首都だった場所。

世界遺産が眠るまちの実態をお伝えします!!

きょうも読んでくれてありがとう!!



ブログランキングに参加しています!
下のバナーを押してもらうとランキングが上がる仕組みになってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ワンクリック押してもらうと私がぴょんと跳ね上がる仕組みになっています。
1クリック for1ピョン。
~あなたの好意で世界は変わる。~

facebook & Twitterもやってます↓↓

目黒沙弥の世界一周ものがたり。facebookページ

なんでもぶっちゃけTwitter


最後まで見てくれて、大事な時間をありがとう。
スポンサーサイト

Comment

Name - しなもん  

Title - 

さやさんこんばんわ!
サパの記事、覚えてます!
この辺の記事から読み出した記憶があります。
仕事がバタバタしていてイライラしていた気持ちが、ほっこりしました。
奇跡って起こるんですね!

これからも気をつけて旅をしつつ、すてきな時間をちょっとだけお裾分けしてください。
楽しみにしてますよー!
2016.02.09 Tue 23:51
Edit | Reply |  

Name - Saya Meguro  

Title - Re: タイトルなし

> しなもんさん
いつも本当にありがとうございます、しなもんさん!
そしてお仕事お疲れさまです。
そうなんです、彼女たちに会うことができました。
ザが目の前をすーっと通り過ぎたときにはビビビッと衝動が走りました。。
奇跡ってあるんですね。出会いを糧に旅を楽しくしていこうとおもいます。
2016.02.10 Wed 02:33
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。