FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の知らないインドの秘境スポットにいってみた。 



こんにちは。

8月に「中川家」の大阪と東京で寄席公演があるのでほんきでいま休みをとっていこうかと考えていたのですが、

休みが合わず泣く泣く断念。

もう16歳の女子がジャニーズの嵐に感情に抱く感情と、ちょうど同じ感情を中川家に抱いております。

************************************


ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

************************************

前回記事:インドで恋に落ちちゃった話。

一瞬で恋をしたムナールにはすこし理由がありました。

それはわたしの地元に激似だったということです。

比較画像として一枚のせると、

IMG_4598.jpg

こちらがムナール。

IMG_7110.jpg

こっちがわたしの地元。

似てるでしょう。すくなくとも前田敦子とキンタローよりは似てるとおもいます。


とはいってもこうみえて北海道は札幌出身なんですけどね。

北海道は30分くるまを走らせたらもう田舎なのです。

そしてだいたい遠方からともだちを連れてくると、

だいたい一言「ジブリっぽいね」で済ましてくる場所です。


ちなみにわたしの地元は藤野という場所なのですが、

もし今度なにかの間違いで藤野出身のひとに会うことがあったらこう聞いてみてください。

「え?それ札幌なの?」って。

おそらく8割がたのひとが「でもスターバックスあるよ。」

って見栄はりだす癖がありますから。


まあそんなことは置いといても、やっぱり地元っていうのはいつでも愛すべき場所であり、

見慣れた光景をインドで見られるとは到底思っていたかったわたしからすると、

トンデモなくテンションのあがることでした。

またもや危うく「I ♥ INDIA」の観光客Tシャツを買ってしまうところでしたね。


でもムナールに恋をしてしまったポイントはここだけじゃないんです。

実はですね、このムナールの最大の魅力は気温!!

そう、ムナールめちゃくちゃ涼しいんですよ。

理由は簡単。標高が高いからです。


そして標高が高いということは、美しい山々が目の前にたくさんこんにちはしています。

ということでやってきましたトレッキング!!


日の出をみようということで朝の5時に起床し1時間かけて登山ポイントへ。

(タクシードライバー兼登山ガイドが時間通りにきて感動する。)

IMG_4612.jpg

カメラのわたしの設定したものをよくダニーが誤って狂わすのですが、

この日も序盤にやらかすダニー。

IMG_4613.jpg

笑ってごまかそうとするダニー。


そういえば昔通っていたコナミのサウナのおばちゃんたちが

「笑ってごまかせるのは24歳までの顔が中以上の女の子だけよ」

なんて言ってたなあなんて思い出しながら登山スタート。

すこしずーつすこしずーつ登っていくと、心がほんとうに洗われていくようです。

IMG_4651.jpg

お茶の畑がこうしてみえたり、なんだか面白い地形に感動したり。

だいたい2時間くらい登ったところでどんどんうしろから日があがってきました。

IMG_4630.jpg

そうしてみえてきたご来光!!

ご来光のタイミングぴったりに頂上に着けたし、

だれもいない場所でみられる日の出ってなんだかすごい贅沢じゃないですか。

だって、きょうはこのために登っているんですから。

もうかばんから携帯とカメラをとりだし一目散に、感動のワンショットを収めてしまいました。


でもね、ひとつびっくりしたことがあったんですよ。

いってもこの瞬間って、だれにとっても結構感動するポイントじゃないですか。

でもやっぱりインド人は格がちがいます。

頂上についた瞬間携帯をとりだし一目散に


Youtubeみはじめました。


着いた瞬間すぐにインターネット確認してましたからね。

わたしたちもびっくりする以上にお日様もびっくりしたとおもいます。


インド人をかんぜんに嫌いになれないとこってこういうとこです。

おもしさのポテンシャルがちがいます。

わたしが逆立ちをしても行き着けない境地に、こうも簡単にいってしまうのです。


ただこのガイドさん、めちゃくちゃ持っているのは笑いだけではありませんでした。

ふだん見られないといわれる野生動物にも遭遇することができたのです。

IMG_4639.jpg

もう、神々しいでしょう。

実際にはコダマもみえていたのですが、写真には写り込んでいませんでしたね。

IMG_4658.jpg

ということで、この山はなんだかわたしの薄ーいトレッキング人生のなかで、

指三本にはいるほどの気持ちのよい山でした。

それもそのはず、この山には実はヒンディー教のジヴァ神が宿る山と言われている山なんです。

まああんまりそういうことは分からないし興味もさほどないのですが、

実際めちゃくちゃ素敵な山なので行った方はトリコになるとおもいます。


なのでみなさんに全力でおすすめするし是非行って欲しいのですが、

なんと名前を忘れました。


ただ旅行代理店にいくと必ず「日の出がみられるショートトレッキング」としておすすめしてくると思うので、

どなたか行かれた方は教えてください。(笑)


もしなにかの間違いで将来インドにいくことになったら、

この山はもう一度登りたいです。


たぶん、登山が嫌いな人でもすきになっちゃうんじゃないかな。

飽きないし緩急もついてて面白いけどそんなに大変じゃない、

そんな山です。なにより、美しいです。


帰り道で発見。

IMG_4620.jpg

ほっそい道でも決して道をゆずろうとしないインド人に安定感を覚えてきました。


そんな最高のトレッキングデイ。


次の日はムナールのくまのいそうな林道をふたりでお散歩。

そんな場所でダニーが不慮の事故に遭い、

けっこう危機一髪のシチュエーションが展開されました。

そんな話はまたあーーした!!


きょうも読んでくれてありがとう。



ブログランキングに参加しています!
下のバナーを押してもらうとランキングが上がる仕組みになってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ワンクリック押してもらうと私がぴょんと跳ね上がる仕組みになっています。
1クリック for1ピョン。
~あなたの好意で世界(順位)は変わる。~

facebook & Twitterもやってます↓↓

目黒沙弥の世界一周ものがたり。facebookページ

なんでもぶっちゃけTwitter


最後まで見てくれて、大事な時間をありがとう。
スポンサーサイト

Comment

Name - ゆう  

Title - 中川家ライブあります!

いつも更新楽しみにしています!
おきれいなうえに、面白い!と思ったら、プロのライターさんなのですね(*^-^*)
読みながら、数回吹き出してますwいまは、過去の記事よませていただいてます。

中川家の10月のライブ、今日から販売はじまりますよ~♪
これは、普通のコントや漫才じゃなくて、すべて即興でやるコントです!

https://ty.funity.jp/ticket/show/page?clientid=yoshimoto&show=L216102819&sno=1&skb=3&showno=1
2016.08.13 Sat 10:23
Edit | Reply |  

Name - Saya Meguro  

Title - No title

> ゆうさん
ゆうさん、ありがとうございます。
なんて優しい方なのでしょう。もう文面から優しさがこれでもかというほど溢れでています。
ほんとうにしょうもないブログなんですけど、ゆうさんのように楽しんでくれる人がいる限りがんばって書きたいと思います。
そんな原動力をいただけて感謝です。

そして中川家のライブ!!!すばらしいです。
10月必ず休みを取っていこうとおもいます。
有力情報をほんとうにありがとうございました。
2016.08.14 Sun 20:57
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。