スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクシーな女の子に出会ってメロメロになった話。 


こんにちは。

ここ二日間くらい「センス」というものをぐるぐるぐるぐる一人で考えているメグロです。

いろいろありますよね、ファッションセンスとか、食センスとか、いろいろなセンスが。

というのもね、札幌の地下歩道でアート展みたいになってるセクションがあるのですが、

そこに「うんこふみふみたかふみくん」っていう作品あるんですよ。

もう破壊力はんぱなくないですか。

どんな作品かは余裕で忘れましたが、名前は脳裏からこびりついて離れようとしません。

ネーミングセンスにすこし嫉妬しました。

************************************


ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

************************************

前回記事:フリーセックス、ドラッグ当たり前のヒッピーの聖地に行ってみた。

ヒッピーの聖地であるゴアについたわたしたち。

ただゴアはゴアでも、わたしたちのいた場所はアンジュナという地域。

そう、ゴアというのは場所の名前というより州の名前なので、

ゴア州のなかでも地域によって色が変わってくるんですね。


アンジュナはパーティーピーポーが集まる場所らしいのですが、

わたしたちの泊まった場所はそこまでパリピっていませんでした。

パリピがカメムシに並ぶほど苦手なわたしとしてはありがたいことです。

(注:パーティー好きな人でも節度のある人はたくさんいると思うのでここでいう

パリピ=パーティー好きな人たちではありません。

パリピはパーティーが好きなひとではなくうぇーいってやるのが好きな人です)


なのでこういうヒッピータウンでわたしたちは何をしたかというと、

朝おきてまずはお散歩がてらある場所へ。

IMG_4735.jpg

そして歩いて20分くらいのところにあるこの市場に到着。

品揃えがあまりなさそうに見えて、実はこの市場はなんでも揃う何でも屋さんです。

「◯◯ありますか?」というと、

165677 (1)

「あるよ。」

とドラマHEROのバーの店長のごとくどこからともなく欲しいものを出してきます。

たまに「え?どこにあったのそれ?」みたいなものも小出しにしてくるので、

もしかするとオーナーのおっちゃんは四次元ポケットをもっていたのかもしれないですね。


ちなみに袋いっぱいに好きなものを入れてもお値段はたった100円ほどと素晴らしいコスパのよさです。

ということでおじちゃんの品揃えのよさのおかげで食べたいものを好きなだけ、

まいにちバランスの良いごはんを食べることができました。


見た目は最悪ですがオムライスを作ってみたり、

IMG_4747.jpg

チーズトマトペンネとか創作料理に挑戦してみたりもして。

459q8uai.jpeg

それなりに料理をたのしむことができたのはあの市場のおかげです。


そしてお昼すぎになったら洗濯物をして(足で踏むスタイル)、

時間ができたら読書をしたりブログをかいたりお散歩をしたり。


そして夜になってまたごはんを作り、ちかくのバーにいくというそんな日々。

IMG_4729.jpg

そのなかでもおもしろい出会いがあって、

それはダニーの横にいるインド人のヒッピーの女の子は最高だったなあ。


インドっていままで旅してきた国のなかでもトップレベルで

「女性はこうであるべき」

っていう文化が強く残っている国だとおもうんです。

そういう影響か、インドの女性ってとっても閉鎖的なコミュニティのなかにいる気がしてました。


でもこの子は英語もとっても上手で、話もおもしろいし、タバコも吸うし踊るし飲むし、

なんだかインド人女性のイメージと真逆のひとだったんですね。

いろいろ話して、センスの良いひとだなあって思う子でした。

冒頭にもあったようにセンスって目に見えるものだけじゃないとおもうんですよ。

「センスの良いひと」っていうのは自分を第三者の目線でみられる人っていうのもあるんじゃないかとおもうんです。


そしてよくかんがえたらインド人の女性のともだちって出来たことなかったので、

彼女とおともだちになれてすごくうれしかったです。


いまでいう女子力高い系女子や美魔女と称する

「SNSであげる写真加工しすぎて白くなりすぎ事件」のひとたちに一切の女性的な魅力はかんじないわたしは、

たぶんわたしが男だったらこういう女の子好きになるんだろうなっておもいます。

たまに白すぎるあまり神々しく「お迎え間近!?」的な写りの人もいますからね、気をつけてください。

これをわたしは「SNS上におけるパトラッシュ化」とよんでいます。

IMG_4743.jpg

まあそれは置いといても5日間くらいこういうヒッピーのなかに混じって生活をしていたんですけどね、

だんだんとつまらなくなってきてしまったので違う場所に移ることにしました。

そう、わたしはヒッピーではないので「なにもしない」ということが拷問のように感じてしまう日本人なのです。


ということで予定を切り上げての目的地へ移動することに決めたダニーとわたし。

次に向かうはゴア州のなかにあるアランボルという場所なのですが、

わたしが大勢の人の前で大泣きをするというハプニングがおこりました。

泣くことだけでも恥ずかしいと感じるのに・・・

みんなの前で・・・・

いまでも思い出すたびに赤面してしまうあの事件を書いてしまおうとおもいます。


続きはまた明日!!


きょうも読んでくれてありがとう。


ブログランキングに参加しています!
下のバナーを押してもらうとランキングが上がる仕組みになってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ワンクリック押してもらうと私がぴょんと跳ね上がる仕組みになっています。
1クリック for1ピョン。
~あなたの好意で世界(順位)は変わる。~

facebook & Twitterもやってます↓↓

目黒沙弥の世界一周ものがたり。facebookページ

なんでもぶっちゃけTwitter


最後まで見てくれて、大事な時間をありがとう。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。