スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【号外】あのダニーがブチ切れた!! 


こんにちは。

先日は以前働いていた職場にとつぜんお邪魔し、ずっと会いたかった人に会ってきました。

お世話になりはじめたのは21歳のときでもうやめて随分たつのにいつも優しく迎えてくれて、

なんだかうれしくて感極まりそうになってしまいました。

いつまでも自分を大切にしてくれる人を大切にできる人間になりたいです。

************************************


ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

************************************

前回記事:「こんなはずじゃなかった。」

フライデーナイトパーティーのピザのためにわたしが仕込みをしている間に、

ラニさんは火起こしを男子軍に頼むことにしました。


ラニ節が炸裂していたこの日。

いきなりガソリンをもう起きている火に大量にかけて近くにあるテントに火が移りかけ火事の一歩手前になるも、

それを「ダニーのせいだ。」と責任をダニーに押し付けるラニさん。

ため息をつくも温厚なダニーはなにも言い返すことはしません。


そのあとも周りのひとにただただ当たり散らす彼女。

でもわたしたちはパーティーの前に無駄なトラブルは避けたいので、

ただただ黙々と自分たちの仕事をするだけです。


あけっぱなしにしたジャムの蓋を怒ったり、牛乳のだしっぱなしを怒ったり、

自分のネックレスがどこかにいったことを怒ったり。

でもね、これはぜんぶ彼女がしたことでわたしたちはなんにも関係ないことなのです。


「どんなときでも人のせいにしない」ということをちいさなころから叩き込まれて育っているわたしは、

よくもこうなんでも人のせいにするなあとラニさんが不思議な妖精のような、

もしくは妖怪のような存在にみえはじめました。

もうこれから、「横暴」と書いて「ラニ」と読もうと心に誓ったほどです。


夕方あたりになるとヒッピー仲間が到着。

ラニが適当に用意していた枝にみんなが仕込んでおいた具材をはさんで巻いて焼くも、

火はまだ強すぎるし枝は細すぎるしですべて出来上がることなく火のなかへ消えていくピザたち。

もうピザのお葬式状態ですよ。


具材を「たくさん来るからたくさん切っておくのよ。」といったのに、

そんな散々な結果になってしまったので


「なんでこんなに切ったのよ!」


とブチ切れする彼女。

「なんでいって、ラニが切ってといったからじゃない!」とさすがに反抗すると、

「そんなこといってない。」と一言ぱしゃり。


そしてパーティーのラニのピザ作戦が失敗して全員なにもたべられなかったから

「代わりになるものを早く作って」と。


急遽料理をすることに。

そうするとゲストとしてきていた優しいインド人のひとりがお手伝いを申し出てくれたのです。

なんでもレストランを開く夢があるらしく、残った具材とすこしのスパイスを足して、

あっという間にとってもおいしいおつまみが出来上がりました。


彼のおかげで早くおわったのでやっと一息つこうと飲んだビールは、

いままでで一番おいしく感じたビールかもしれません。

そうおもうと、ビールをおいしくしてくれたラニに感謝ですね。


みんなが帰ってからはラニに怒鳴られる前にダニーとふたりで洗い物。

するとまたもや問題が勃発。


なんと突然パイプが詰まって水が止まってしまったのです。

するとラニはダニーの顔のちかくまで詰めより、


「なんでこうなったのかわかる?

午前中のうちにあなたが直さなかったからよ。」



と指を指してひとこと。

ダニーとは知り合ってもう4年以上になりますが、

怒ったところなんて一度も見たことなかったんですよ。

そんなダニーもたぶんもう我慢の限界だったんでしょうね、


なんと洗い物をしていた手が震えはじめました。


怒りで手が震えることってあるんですね。

そしてダニーは「なんでも人のせいにしないでよ!!!」

と爆発。

ラニはびっくりしたのか、悪態をつきながらどこかへ行ってしまいました。


ほんとうはね、ダニーもわたしもそんなに人を嫌いになることってないんです。

どちらかというとふたりとも怒りの沸点は低いとおもうし、

ダニーにいたってはもう仏陀ゾーンに片足踏み入れている人ですよ。

「ちょっとは怒れよ」っていう謎のツッコミがわたしから半年に一回くらい入りますからね。

仏陀はさすがにおこがましいので、アメリカの蛭子能収さんとしておきましょう。


でもラニはそれを凌駕するほどの人であって、

ダニーにとってもラニは「あんなに失礼が人がこの世界に存在するんだ」とびっくりするくらいの人だったのです。

もう、これがサインでしたね。


「明日ここをでよう。」という固く決意したのです。


この子たちをみてると

IMG_4894.jpg

簡単に気持ちが揺らいでしまうのだけど。

IMG_4896.jpg

でもどっちにしたって一生はいられないもんね。


ということで次回最終回、「ラニとの決別」の巻です。


またあした〜!

きょうも読んでくれてありがとう。


ブログランキングに参加しています!
下のバナーを押してもらうとランキングが上がる仕組みになってます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ワンクリック押してもらうと私がぴょんと跳ね上がる仕組みになっています。
1クリック for1ピョン。
~あなたの好意で世界(順位)は変わる。~

facebook & Twitterもやってます↓↓

目黒沙弥の世界一周ものがたり。facebookページ

なんでもぶっちゃけTwitter


最後まで見てくれて、大事な時間をありがとう。

スポンサーサイト

Comment

Name - Mitsuki  

Title - 

次回が楽しみすぎて夜も寝られません(*_*)笑
2016.09.03 Sat 23:38
Edit | Reply |  

Name - kaori  

Title - 

よく言ったダニー氏!!!w
でもその一言だけで抑えられるのがすごいです。
ぶち切れて暴れないでよかったw

ラニさん、自分が悪いって思ってないから変わることはないんだろうけど
その場所の動物たちは元気に生きてくれますように。
2016.09.04 Sun 10:15
Edit | Reply |  

Name - Saya Meguro  

Title - Re: タイトルなし

> mitsukiさん
mitsukiさんコメントありがとうございます!
そして嬉しいお言葉!!しっかり寝られたでしょうか?

今日の夜に間に合うように帰宅したら書きますね!
mitsukiさんのために急ピッチで帰ります!笑
2016.09.04 Sun 16:26
Edit | Reply |  

Name - Saya Meguro  

Title - Re: タイトルなし

> kaoriさん
ダニー氏最初で最後の逆切れしました!怒りで手震えてましたからね。。w
たぶんよっぽどだったんだと思います。

そうですね。さすがkaoriさん!
きっとそういう人は変わらないだろうなと私もおもいます。
ただただ動物たちが平穏に、そしてしなくてもいい病気になるなんて不幸なこともないように、
そんな日々を過ごしてくれていたらいいなと願っています。
2016.09.04 Sun 16:30
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。